The 20th Annual Conference of Japan Society of Maternity Nursing

第20回日本母性看護学会学術集会

発表者の方へ▷ ページを更新する

個人情報保護について

研究発表では、特定の対象者の背景や疾患、治療・看護援助の内容に関する情報を表現することがあります。そのため、対象者が特定されることがないよう、十分に留意する必要があります。下記にご注意ください。

  • 結果に直接関与しない情報は公表しない。
  • 対象者個人を識別できる対象者のイニシャル、住所(都道府県や市町村の名称を含む)、生年月日、実年齢、特殊な職業、稀な病名、顔写真は記載しない。対象者名は「A氏」など任意のイニシャルを用いて匿名化する。年齢は「20歳代前半」、児の出生体重は「3000g台」のように記載する。写真や映像を使用する際には、個人や施設が識別できないように加工する。
  • 対象者の入院・通院施設の名称、「当院」「当施設」という記載はしない。施設名を記載する必要がある場合には、「A病院」など任意のイニシャルを用いる。
  • 経過を表現する上で日付が必要な場合に年月日は記載しない。入院日数などの期間や「X年6月下旬」などのように記載する。
  • 発表だけでなく質疑応答の際にも、個人が特定されないように配慮する。

一般演題(口演)発表者の方へ

本学術集会ではすべて、 PC(パソコン)と液晶プロジェクターによる発表となります。

使用 PC は 『Windows 10』、アプリケーションは『PowerPoint 2016』です。御自身のパソコンの持ち込みはご遠慮ください。

1)発表方法
  • 発表者は参加受付および発表用データ受付を済ませ、演題群開始時間の 5 分前までに「次演者席」にご着席ください。
  • 発表時間は一題につき、15 分(発表 10 分、質疑応答 5 分)を予定しています。
  • 発表者は各自で PC を操作して発表を行ってください。口演終了 1 分前と発表終了時にお知らせをいたします。口演時間の厳守をお願いいたします。
  • 発表者は座長の進行に従ってください。
2)データファイル
  • 受付可能なメディアは、USB フラッシュメモリーのみです。ウィルス対策をしたパソコンで作成し、保存してください。
  • 発表データ作成の際は Windows 標準フォントをご使用ください。
  • PowerPointスライドはワイド画面(16:9)で作成してください。
  • 作成したデータのファイル名は、「演題番号-名前(ローマ字)」とし、すべて半角で保存してください。
    例:「O1-1-suzuki」
3)発表用データ受付(「PC受付」)
受付場所南棟1階(東側)「発表者受付」
受付時間8:15 ~ 9:00、10:00~12:00
  • 発表用データは用意した PC にコピーします。
  • ご持参のメディアはウィルスチェックならびに動作確認後、その場で返却いたします。
  • 受付終了後は、修正できません。
  • コピーしたデータは学術集会終了後、学術集会事務局で責任をもって削除いたします。

一般演題(ポスター)発表者の方へ

1)受付・掲示
  • 発表者は参加受付を済ませたのち、8:15 ~ 9:00 の間に、演題番号を表示したボードにポスターを掲示してください。
  • 演題番号(20cm☓20cm)と押しピンは事務局で用意します。
  • 右記のボードのサイズをご参照の上、ポスター本文は縦140☓幅90cmに収まるようにしてください。
  • 本文とは別に、縦20cm×幅70cmに収まるように演題名・所属・演者名を記入したタイトルをご用意ください。
  • ポスター撤去の時間は、16:00 ~ 16:30となります。撤去時間を過ぎた後も掲示をしているポスターにつきましては、学術集会事務局で処分させていただきますので、ご了承ください。
2)発表方法
  • 発表は座長を置かない自由討議形式で行います。
  • 発表者は指定の発表時間の間、ポスター前で待機し、参加者と質疑応答や意見交換を行ってください。

利益相反状態の開示について(口演・ポスター発表)

  • 筆頭および共同演者全員の利益相反状態を開示して下さい。
  • 口演の場合、2 枚目の発表スライド(演題・演者等を紹介するスライドの次)に開示して下さい。
  • ポスター発表ではポスターの最後に文章にて開示して下さい。

<口演発表のスライド例>

  • 申告すべき利益相反状態がある時

    ▲クリックしてダウンロード

  • 申告すべき利益相反状態がない時

    ▲クリックしてダウンロード

一般演題(口演)座長の方へ

  • 担当発表演題群の開始 10 分前までに各会場の「次座長席」にご着席し、座長受付を行ってください。
  • 発表時間は一題につき、15 分(発表 10 分、質疑応答 5 分)を予定しています。
  • 担当の演題群の進行は座長に一任しますが、時間内に終了するようお願いいたします。
  • 発表者の欠席が出た場合には、発表を繰り上げて進行してください。

講演・シンポジウム等の演者および座長・司会の方へ

  • 来場されましたら、南棟 1 階メディアギャラリー「講演・シンポジウム等演者・座長受付」までお立ち寄りください。
  • 受付終了後、係りの者が控室にご案内いたします。控室にて打合せをお願いいたします。
  • 講演用スライドは『一般演題(口演)発表者の方へ』をご参照ください。
  • 講演用にコピーしたデータは学術集会終了後、学術集会事務局で責任をもって削除いたします。
  • 各講演・シンポジウムの進行は座長に一任しますが、時間内に終了するようお願いいたします。

開催会場

埼玉県立大学
〒343-8540
埼玉県越谷市三野宮820

事務局

第20回
日本母性看護学会学術集会事務局

埼玉県立大学内
事務局長:大月 恵理子

〒343-8540
埼玉県越谷市三野宮820
TEL/FAX:048-973-4175
E-mail:rh-spu@spu.ac.jp

▲ TOP